FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲ top
ドラマ「茶母」、ロシアで韓流熱気焚きつける
2005/09/22(Thu)
韓国ドラマ「茶母」がロシアでは初めて来る10月から空中波を通じて週末シリーズに放映される予定だ。

ウラジオストック駐在韓国総領事館(チョンデワン総領事)は22日、現地韓国観光公社事務室で沿海州社会放送局(OTV)と「茶母」放映協定式を締結した。

協定によってOTVは、来る10月から「茶母」を週末シリーズで14部全編を放送するようになる。

チョンジェソンウラジオストック駐在韓国観光公社支社長は「'茶母'はロシアでは初めて沿海州の空中波に乗るドラマで、それまで韓流の無風地帯だった極東ロシアにも、8万名に達する高麗人たちを中心に韓流の熱気が拡散する可能性がある転機が用意された。」と評価した。

チョン支社長は韓国観光公社がドラマ放映直前、大統領が出演した韓国観光広告放映、韓国の冬スポーツ、漢方、美容商品などを中心にした現地観光博覧会開催、韓国広報広報物設置などを通じて、韓国観光を知らせる為に本格的に始動すると明らかにした。

韓国観光公社は、また韓国ドラマだけでなく韓国の多様な文化がロシア沿海州を経て、西方のモスクワまで紹介され、韓流熱風がロシア全域に拡散するよう、持続的で多角的な広報活動を展開する計画だと付け加えた。

一方OTV側は「茶母」が300年前の韓国社会の生活史と女性差別の中で、そのあらゆるものを乗り越えて行く女性主人公の愛を主題にしたドラマと紹介した。OTVはまた「茶母」が韓国だけではなく、アジア全域とアメリカ、エジプト、中東などでも多くの愛を受けたとしながら、美しい背景と演技者たちの素晴らしい演技で、ロシア極東地域でも多くの人々から愛される可能性があると評した。

[ウラジオストック=連合ニュース/日刊スポーツ]2005.09.22 14:24
http://ilgan.joins.com/enter/200509/22/200509221424332502070000070200070201.html
スポンサーサイト
▲ top
シンスンフン-「茶母」 日本列島に賭け 'ウィン~ウィン'
2005/09/14(Wed)
9集収録曲「哀心歌」 日本版 OSTに挿入…来月初 NHK 放映 'バラード皇帝'に 注目

‘バラード皇帝’ シンスンフンとドラマ「茶母」が日本で会う。

シンスンフンが去年発表した9集収録曲「哀心歌」が日本で放送される「茶母」のOSTに収録される予定だ。シンスンフンの「哀心歌」は来る10月初め、日本で NHK BS1を通じて放送されるドラマ「茶母」の挿入曲で使われるようになった。

「哀心歌」は「茶母」の放映に合わせ、日本ポニーキャニオンジャパンで OSTアルバムに収録され、早いうちに日本で登場するようになる。「茶母」の日本OSTを担当したノーランジャムスハム(イエロー・サブマリン)のある関係者は「シンスンフンが現在日本で活発な活動をして人気を集めているところに、‘茶母’と ‘哀心歌’がよく似合い、日本版 ‘茶母’ OSTに ‘哀心歌’を収録する事にした。」と明らかにした。

シンスンフンは去年、国内で「哀心歌」活動をする当時、「茶母」の映像をミュージックビデオで作るなど「茶母」と特別な縁を持っている。当時シンスンフンのファンがシンスンフンの「哀心歌」と「茶母」がよく似合うとシンスンフンの為に「茶母」の名場面で構成されたミュージックビデオを作ってプレゼントしたし、シンスンフンの所属社ドロシー・ミュージックはMBCと著作権問題を解決してミュージックビデオで作って放送した事がある。

日本に輸出される「茶母」の OSTにはチョクァヌ、ペイジ、ジャスト等の歌手たちも参加する。

/イジェウォン記者 jjstar@sportshankook.co.kr

[スポーツ韓国]2005-09-14 13:44
http://sports.hankooki.com/lpage/music/200509/sp2005091407355158550.htm

【関連記事】
■[動画NEWS]シンスンフン-「茶母」日本で再会
[ETN/media.daum]2005/9/14 16:46
http://tvnews.media.daum.net/part/entertv/200509/14/etn/v10174378.html
▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。