FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲ top
「茶母」「朱蒙」の次は「碧瀾渡」だ!
2006/07/31(Mon)
このところ、「朱蒙」の人気が際限も分からない程に沸き上がっている。
その人気の主役の一人が、シナリオを書いているチョンヒョンスだ。史劇の新しい地平を拡大していると評価を受ける若い作家チョンヒョンス(37)。

彼はドラマ作家の登竜門と言えるMBC「ベスト劇場シナリオ公募」を通じてドラマ作家の道を歩き始めた。そして作家チェワンギュの「商道」のシナリオ作業に参加して史劇との縁を結んだ。ここで史劇のドラマ・ツルギー(turgie/創作技法)を学んだというチョンヒョンスは、彼だけの繊細な特徴が発現されたドラマというのが、まさにフュージョン史劇の真髄と同時に完成度の高い作品として評価を受け、今まで多くの人々の関心事の圏内にある「茶母」だ。

「チェワンギュ先生(年の差はあまりないが、チェワンギュ作家を指称する時は必ず先生と言う)からドラマに対してたくさん学び、これが ‘茶母’を執筆する時、多くの助けになりました。 ‘茶母’を書く時、頼むから惨敗だけはしないようにと考えていました。 ‘茶母嬖人’らたくさんの人々の過分な愛のお陰で、 ‘茶母’を無事に終わらせることが出来ました。」

チョンヒョンスの「茶母」に対する言及は謙虚だ。しかし彼の立場とは違い、「茶母」は韓国の史劇の新しい地平を開いたと評価を受ける程、素材やキャラクター、映像技法で以前の史劇を一次元発展させた。

「茶母」以後、「商道」で呼吸を合わせたチェワンギュ作家と共に手を握って企画に入って行ったのが、まさにこの頃 40%台の高い視聴率を記録している「朱蒙」だ。長期間企てて取材した後に視聴者が会った「朱蒙」はチェワンギュの男らしいスタイルとチョンヒョンスの繊細なスタイルが絶妙に調和を成して多くの人気を呼んだ。

連続的に気を引いた「商道」「茶母」、そして「朱蒙」の筆を執ったチョンヒョンスは、これにより得たニックネームである‘史劇作家の次世代リーダー’だ。しかし、チョンヒョンスは手で遮る。「史劇は歴史的事実に対する知識と考証、そこにドラマ的想像力に至るまで、多くの努力が必要なジャンルだ。とても大変である。」と話す。

史劇が大変だというチョンヒョンスが「朱蒙」の次に企画を終えた作品も史劇だ。「碧瀾渡」であるが、風変りな感じの史劇だ。以前の史劇には全然見られなかったジャンルと空間を背景にしている。「碧瀾渡」は高麗の国際都市碧瀾渡で起こる幾多の事件を解決する科学捜査隊・監検庁の活躍を主な内容にしている。

チョンヒョンスは「‘碧瀾渡’はアメリカの捜査物であるCSIと医学物であるERの二つの性格を共に取り入れたドラマだ。我々の歴史上、一番国際的な都市の中のひとつである碧瀾渡は、中国・日本は勿論、アラビアとインドなど幾多の人種と国籍の人々が出入りし、事件と事故が多い所である。その場所を背景に、科学と医学を土台に事件を解決して行く科学捜査隊・監検庁の活躍の姿を描くでしょう。」と企画意図と主な内容を説明する。

チョンヒョンスは「‘碧瀾渡’に必要な内容の著書など、版権の買い求めを終わらせ、主要登場人物の組み立てを終わらせた。来年の下半期になれば、視聴者と会えるだろう。」と話した。

チョンヒョンスが来年下半期に披露する「碧瀾渡」に対する姿がどのように現われるか、既に関心が行く。

ペグクナム大衆文化専門記者 knbae@mydaily.co.kr

[mydaily]2006-07-31 11:02:04
http://www.mydaily.co.kr/news/read.html?newsid=200607311100011110
スポンサーサイト
▲ top
[週末タッチ] 私が漫画が好きなわけは?
2006/07/21(Fri)
■韓国日報の"漫画"コンテンツの中で掲載された記事からの抜粋。

【イジェギュPD / ドラマ「茶母」「ファッション 70’s」】

“ドラマの原作を捜す目的もあるが、漫画を漫画らしくする非現実性が好きで楽しんで見る。
‘初めから正しい考えのように聞こえるアイディアには何らの希望もない’というアインシュタインの言葉のように、どんなジャンルでも、良いアイディアは開かれた心、開かれた思考から生まれると思う。

ドラマを作る時、蓋然性・因果関係などに執着してみると、食傷した設定を繰り返す愚を犯すようになるが、漫画はそんな強迫から脱し、開かれた心で自由に思考することが出来る滋養分になる。」

[韓国日報]2006/07/21 19:16
http://news.hankooki.com/lpage/culture/200607/h2006072119164675640.htm
▲ top
「茶母」、ベトナムで韓流熱風予告
2006/07/19(Wed)
“아프냐… 나도 아프다…”などの名台詞と素早いカメラワークを通じて作り出した派手な映像… 韓国だけでなくもうアジアの多くの国で数多い‘嬖人’を生み出したフュージョン史劇「茶母」が、ベトナムでの放映と同時に人気独占に入って行った。

ドラマ「茶母」は中央第1TV(VTV 1)を通じて5月から放送される予定だったが、 新聞及びインターネットなど各種媒体を通じて期待値が高い作品ということで、ワールドカップ期間を避けて去る 7月 5日からスポーツ・芸能・娯楽番組専門チャンネルである中央第3TV(VTV 3)を通じて放映を始めた。

ドラマ黄金時間帯の夕方9時を占めた「茶母」は独特の素材と映像、音楽と共にハジウォン・イソジン・キムミンジュンら主演俳優たちの熱演で「大長今」以上の関心を集めている。特に反転に反転を繰り返えしながら毎回新しい素材を提供した大長今とは違い、韓国ドラマの ‘そらぞらしい’ 公式に従うようにしながらも古臭くない構成と素早いストーリー展開が視聴者たちを捕らえている。

たとえ2003年の作品ではあるが、数十年間変わらないフォーマットの中国史劇に食傷したベトナム視聴者たちにとって「茶母」はロマンスとアクションを兼備した上、史劇としての風味と現代的な感覚が一団となっていて新鮮な衝撃で受け入れられているのだ。

現在、ベトナムでは「大長今」「許浚」などの現代的な史劇が紹介され、韓国史劇に対する関心が高くなっている。尚且つ誇張された台詞とドラマ、ワイヤーアクションで史劇市場を導いて来た中国の史劇とは違い、韓国の史劇は徹底的な歴史考証を通じて再現した映像に、決して誇張されないドラマを中心にロマンスと現実的なアクション(韓国では ‘韓国的な’ アクションと呼ばれる) 及び、誇張されないユーモアを通じて、情報通信文化を導いて行く新世代たちにも共感台を形成している。特に「スキャンダル-朝鮮男女相悦之詞」「刑事」「無影剣」「王の男」などの映画のみならず、「シンドン」「不滅の李舜臣」「海神」「朱蒙」「ヨンゲソムン」「太王四神記」などのドラマにおいても、韓国の史劇に対する熱情はまだこれという史劇を制作する与件を取り揃えることが出来ていないベトナムでは羨ましい事に違いない。

このような熱気の中、去る 5月 27日 Le Tien Tho文化部次官及びハノイ定都 1,000周年記念作品の制作を担当した第1映画社のDang Tat Binh監督ら10人余りが韓国を訪問、(‘韓国の史劇熱風’ 参照) 一部韓流マニアたちからは、ベトナムでまだ放映されないドラマ「宮」「不滅の李舜臣」「シンドン」「朱蒙」及び「太王神臣記」などの最新作及び制作中のドラマに対する問い合わせが続いている。

ドラマ「茶母」はベトナム史劇の制作に新鮮な刺激として近付いており、間もなく放映を始める「私の名前はキムサムスン」「香港エクスプレス」と共にベトナムでの冷めない韓流熱風を引き継ぐ見込みだ。

国民日報クッキーニュース提携会社/
国際文化産業交流財団(kofice.or.kr) Le Tien Tho通信員

[クッキー地球村=ベトナム]2006.07.19 15:25
http://www.kukinews.com/news/kuki_view.asp?page=1&gCode=41180000&arcid=092025604
▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。