FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲ top
「茶母」、インドネシア1億2800万名が見る
2007/05/26(Sat)
ハジウォン主演のMBCドラマ「朝鮮女刑事茶母」(以下「茶母」)がインドネシアの23のTV放送社で連合放送される。

「茶母」は来る6月4日午後6時(現地時間)からインドネシア全域の23の放送社衛星を通じて月曜日から金曜日まで現地視聴者たちに会う。

インドネシア語の字幕で放送される「茶母」の予想視聴者は1億2800万名。 2億2000万名のインドネシア人口の半分に達する数字だ。

MBC側はインドネシアの78の地方放送社の3分の1にあたる23放送社が連合放送に参加することにより、これまで東南アジア他の国々より比較的韓流の勢いが弱かったインドネシアに強い韓流風を起こすことで期待されると明らかにした。

一方、MBCは今回の「茶母」の放送をはじまりに、インドネシアの23のTV放送社を一つの衛星にまとめ、MBCドラマを同時に放送するad-hocネットワークを始める。ad-hocネットワークとは、全国規模ではない地域放送社が必要な時に制限的に連合、ネットワークを構成して等しい事案を同時に放送する臨時ネットワークを意味する。

これによって1週間に5日間、ゴールデンタイムの1時間、MBCドラマが持続的にインドネシアに放送される。MBCは「茶母」以後もドラマをインドネシア側にずっと供給し、韓流拡散を主導して行くという計画だ。

一方、現地主管のプロダクションであるJMBは、インドネシア親局であるJTVと共に、来る5月28日午前 10時にジャカルタで放送関連記者会見を開く予定だ。

キムヒョノク記者

[moneytoday]05/24 11:20
http://star.moneytoday.co.kr/view/star_view.php?type=1&gisano=2007052411172455733
スポンサーサイト
▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。