FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲ top
キムジェウォン、「'茶母' 出演固辞..今ようやく史劇に出演」
2006/12/12(Tue)
放送中のKBS 2TV水木劇「ファンジニ」(シナリオ/ユンソンジュ・演出/キムチョルギュ)を通じて好評を導き出しているタレントキムジェウォンが、デビュー 5年ぶりに史劇に出演するようになった事情を公開した。

キムジェウォンは去る11日午後、京畿道坡州ヘイリ文化村で「ファンジニ」撮影途中に進行されたインタビューで、このように明らかにした。

キムジェウォンは「デビュー後初めて史劇に出演するようになった」「去る 2002年に終映したMBCドラマ 'ロマンス' 出演直後、MBCドラマ局長様から '茶母'に出演しなさいという提議を受けた。」と打ち明けた。

彼は「当時 '茶母'がフュージョン史劇として制作されると言われていたが、 フュージョン史劇の概念的定義が曖昧な頃だったため、出たとしても似合わないようで出演を差し置いた。」「当時、私の頭の中には正統派史劇だけしかなかったし、トレンディドラマにだけ出演して来たこともあり '茶母'に出演することは易しくない決定だった。」と告白した。

キムジェウォンが当時「茶母」に出演したら、「ファンジニ」で呼吸を合わせているハジウォンとは、去る2004年に封切られた映画「愛しのサガジ」以後3回目の縁になったわけだ。

キムジェウォンは「ハジウォンさんとは '愛しのサガジ' の映画の前にも、何度かもっと会える機会があったが、様々な理由で会う事が出来なかった。」と話した。

彼はこの席で「初めて史劇に出演するので心配も多かったが、周辺で '思ったよりよく似合う'という話をして下さる」「スタッフたちもそうで、周辺の方々もそうで '思ったより韓服がよく似合うのね''思ったよりマゲがザよく似合うんだね''思ったより声が史劇によく合うのね'と言う。」と笑いながら話した。

一方、キムジェウォンは「ファンジニ」でファンジニ(ハジウォン)の愛を占めたキムジョンハンで登場、盛りの演技力を誇示して人気独占の真っ最中だ。

キムスジン記者 |

「moneytoday」12/12 10:00
http://star.moneytoday.co.kr/view/stview.php?no=2006121208593732811&type=1
【関連記事】
■キムジェウォン「減って行くファン、増えるアンチに果てしない挫折感」 
(「茶母」出演提議関連記事)
[gonews]2006-12-12 09:51
http://www.gonews.co.kr/common/result.asp?sFrstCode=002&sScndCode=002&sThrdCode=000&sCode=20061212095920663
スポンサーサイト
▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。