FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲ top
「茶母」、フランス版DVD発売開始!
2007/04/25(Wed)
2003年 7月、人気裏に放映された MBC ドラマ「朝鮮女刑事 茶母」(以下「茶母」)が 4月 4日、フランス全域に DVDで配給された。

フランスのある独立配給社とGaumont Columbia Tristarの共同配給で全世界で成功したアジアの大作ドラマで紹介されたのだ。

ヨーロッパでキムギドク監督の「春.夏.秋.冬そして春」、パクチャヌク監督の「オールドボーイ」などの作品性の高い韓国映画はアート映画館を経て TVで放映され、 DVDに発売開始された事例があった。

しかし、映画より文化的障壁が高い TVドラマがフランスで DVDとして発売開始された事例は今度が初めて。

4月初めに発売開始された「茶母」1部では、ドラマ1回から 7回分が収録されていて、 9月に発売開始される 2部には 8回から最終回である 14回まで収録される予定だ。

また、 各話別に ‘ベールに包まれた死’‘新しい出発’ などのユニークな小見出しがあり、見る人の関心を誘発させる。

DVDのリーフレットには、プランス人たちに疎い韓国の情報、すなわち「茶母」が背景になった朝鮮時代に対する紹介と韓国の性(Family Name)に対する説明が添えられており、細心な配慮が引き立つ。

今回の「茶母」のプランス語版 DVD 発売開始が、現地での放送に繋がる可能性は勿論、イギリスとイタリア、ドイツ等地への配給拡大も期待される。

パクソニョン記者(sunyeon@epg.co.kr)

[EPG]2007/04/25
http://epg.epg.co.kr/epzinn/webzin_read.asp?ez_id=26189
スポンサーサイト
▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。